体の悩みを改善するには?

水虫の原因

水虫の原因は、白癬菌というカビの一種である菌が皮膚に寄生することです。

 

この菌が皮膚に付着して感染すると、かゆみなどの症状が起こり、
水虫と呼ばれる感染症になります。

 

白癬菌は、爪や手、顔、首、頭など、いたるところに感染して、
かゆみや湿疹などの悩ましい症状を引き起こしますが、やはり、発症例が多いのは足でしょう。

 

日本人の4人から5人に1人が水虫を発症しているともいわれており、
女性の水虫患者も少なくありません。

水虫の原因は、白癬菌

水虫の原因は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が
皮膚の最も外側である角質層に寄生して、
たんぱく質のケラチンをエサに繁殖してしまうことです。

 

水虫菌とも呼ばれる白癬菌は、あまり感染力が強くないため、
皮膚についても24時間以内に洗い流せば特に問題はありません。

 

つまり、毎日きちんと足を洗って、しっかりと拭いて乾燥させていれば、
水虫になることはないのです。

 

水虫菌は高温多湿の場所で繁殖するので、
スポーツクラブやスーパー銭湯などの足拭きマットのように、
不特定多数の人が使用する湿りやすいところには
水虫菌がいると思った方がいいでしょう。

 

また、特に夏の靴の中は蒸れて水虫菌の好む環境になりやすいので、
注意が必要です。

 

もし、家族が水虫になってしまったら、バスマットを共有しないようにして、
家の中では五本指ソックスを履いてもらうようにするのがオススメです。

 

それに、足から剥がれ落ちた角質にも水虫菌が生息しているので、
こまめに掃除機をかけてシーツなども取り替えてください。

かかと水虫

かかと水虫とは、その名の通り、かかとにできた水虫を指し、
角質増殖型水虫(足白癬)とも呼ばれています。

 

指の間などに発症した水虫を放置すると、角質の奥深くに菌が進行し、
最後には角質の厚い足の裏全体、特にかかと部位にまで症状が進行することもあります。
(かかとだけで発症することはありません)

 

見た目はひび・あかぎれとの区別が難しく、
足の裏全体にわたって粉をふいたような状態に。

 

水虫というと、足の指の間や土踏まずのあたりがなりやすいものですが、
足の裏全体、かかともなってしまうことがあり、
感染に気がつきにくいため、注意が必要でしょう。

 

かかと水虫になると、かかとががさがさになり、白い線が入ったようになりますが、
水虫の特徴的な症状であるかゆみはあまり起こりません。

 

水疱などの水虫だと気づくような症状も出ないため、
ただの乾燥肌だと思って放置してしまうことも少なくないでしょう。

 

かかと水虫も水虫なので、放置していて治ることはありませんし、

水虫菌をばらまいて周囲の人にも水虫を感染させてしまう可能性が高いです。

 

 

水虫

 

 

角質層の奥へと水虫菌が繁殖して症状がひどくなってしまったり、
他の場所に水虫が広がってしまうこともあるので、
かかと水虫かなと思ったら早めに治療してください。

 

治りにくいといわれているかかと水虫ですが、根気良く治療することで治すことができるでしょう。

 

⇒ 水虫アッサリ追放宣言! 自宅で簡単除去方法