変形性膝関節症 症状の現れ方、進み方は千差万別

変形性膝関節症 症状の現れ方、進み方は千差万別

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨のすり減りや筋力の低下が要因となって、
膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。

 

中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く、
50歳以降になるにつれて数が増えるそうです。

 

一度発病したら若いころのような 膝に戻すことはできませんが、
症状の進行を遅らせることで、普通に日常生活を送ることができます。

 

同じ変形性膝関節症でも、症状の現れ方や進み方は人によって千差万別です。

 

⇒【上田式】膝の痛み改善プログラム
〜変形性膝関節症・ランナー膝・ジャンパー膝・鵞足炎・オスグット病など幅広く対応〜

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の症状がどのくらい進んでいるかを知る手がかりとして、
自覚症状があげられます。

 

自覚症状は病気の状態をかなり的確に反映しています。

 

 

初期の症状 ―朝、膝に違和感を覚える―

 

朝起きて歩き始めた時の「膝の違和感」が最も早く現れる症状です。

 

この段階では、膝に力がかかる動作で痛みがでることもありますが、
この痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなる場合がほとんどです。

 

なお、症状の進行は人によって様々で、朝の違和感だけがずっと続いて、
本格的な変形性膝関節症にならない人もいます。

 

 

中期の症状 ―症状が簡単には治らない―

 

初期症状を放置しておくと、徐々に進行して症状が悪くなっていきます。

 

まず、痛みがはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がりきらない、
伸びきらない状態が進み、正座やしゃがみこむ等の動作が苦痛になってきます。

 

階段の上り下りもつらく、特に下りがつらくなります。

 

また、炎症が起きてくるために、膝の周辺が腫れたり、
熱感をともなったり、むくんだりしてきます。

 

さらに、膝に水がたまって膝が張っているような重くだるい感じもでてきます。

 

この段階では、膝の変形がひどくなり、膝に力のかかる動きをすると
コリコリ、ガリガリといった軋轢音が出るような感じを受けるようになります。

 

 

末期の症状 ―さらに痛みがひどくなる―

 

この段階になると、日常生活に支障が起こるほどの痛みになります。

 

活動範囲が狭まり、外界からの刺激が少ない生活になるとストレスがたまり、
うつ状態に陥りやすくなります。

 

また、高齢者の中には、こうした生活(家の外に出ない)が続くと、
認知症の症状が現れてくる人もいます。

 

この段階では、骨の変形が相当進んできますので、
外見的にも関節の変形が目立つようになります。

 

自宅で簡単にセルフトレーニングする事で、
膝、膝裏の痛みを自分で改善する方法があります。