体の悩みを改善するには?

すぐに分かる痛風の初期症状

痛風は、急性の関節炎を繰り返したり、腎障害を起こす病気で、
手足などの関節が非常に強く痛む痛風発作を起します。

 

しかし、身体の中で長い時間をかけて静かに尿酸の増加が進行していくので、
症状が重くなる前に早めに気づくことが大事です。

 

 

1.痛風発作(急性関節炎)

 

突然、足の付け根の関節などが赤く腫れて激しく痛み出します。

 

ほとんどの場合、症状は足の親指の付け根にあらわれます。

 

足首やくるぶし、指の付け根や手首などに痛みが発生する場合もありますが、
初期症状としてあらわれることは少なく、
7割以上のケースが足の親指から起きると言われています。

 

これは痛風発作と呼ばれ、発作が起きている間は、
普通に歩くことも困難になるほどの激痛が伴います。

 

この痛風発作は、1〜2週間で治まるのが一般的ですが、
その後、半年から1年後に再び同じような発作が起こります。

 

痛風の初期の症状である痛風発作を放置すると、再発を繰り返すようになり、
発作が起きる間隔が短くなっていき、頻繁に激痛に悩まされることになります。

 

 

2.関節の腫れと変形

 

2015-10-25_1.jpg

 

痛風の症状は痛風発作による痛みだけではなく、患部が真っ赤に大きく腫れたり、
熱を伴った炎症が起きるなどの特徴があります。

 

さらに、初期症状である痛風発作を何度も繰り返した関節は、変形や破壊が進行し、
足首やヒザの関節が腫れて痛むようになります。

 

 

3.痛風結節

 

2015-10-25_2.jpg

 

関節以外の筋肉や皮下、さらには耳たぶの上の縁などに
痛風結石と呼ばれる小さなコブやシコリが現れます。

 

この痛風結石は、体内に蓄積された尿酸結晶のかたまりです。

 

 

4.腎障害

 

2015-10-25_3.jpg

 

関節の腫れや変形、痛風結石があらわれると、
腎臓などの内蔵も障害をきたすことになります。

 

初期の段階では、尿濃縮力(尿を濃くする機能)が徐々に低下し、
尿に赤血球やタンパクなどが混じって出るようになります。

 

痛風になると、「肥満高脂血症」「糖尿病」「高血圧症」など
様々な生活習慣病を併発する頻度が高くなります。

 

痛風は、我慢できないほどの激痛が特徴とされていますが、
中には例外的に痛みが強くないケースもあります。

 

また、痛みが起きた場所が足の親指以外だったり、痛みが弱かったりすると、
痛風ではないと自己判断してしまうことがあるようです。

 

しかし、初期症状を放置すると致命的な症状の悪化を招くこともあるので、
自己判断は絶対に控えるようにしましょう。

 

また、初期の痛風発作は、発症してから数日で収まることも多いため、
自然に治ったと思い込んでしまう人も多いようです。

 

痛風発作の頻度は症状が進行するにつれて短くなっていくので、
症状が悪化する前に病院で診てもらうようにしましょう。

痛風改善プログラム 自宅で出来る治療方法

お酒も我慢しないで良いですし、好きなものも食べることが出来ます。

 

簡単に出来る“ある生活のルール”さえ守れば、
自宅で痛風を改善することは可能です。

 

痛風を改善するのに、難しいことは何もありません。
痛風の改善は3つのステップを実行するだけなのです!

 

あなたも、毎日、美味しくお酒を飲みながら、
食べたいものを食べならが、痛風を改善させませんか?

 

体質改善の専門家の先生も推薦の
⇒ ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!